イメージ画像

直腸性便秘について簡単に解説しています。

「直腸性便秘」は常習性便秘の一つで、便意を我慢したり、不規則な生活が続いたり、下剤・浣腸などを繰り返し使用したりすることで、直腸付近まで便が運ばれているのに、その指令が大脳に伝わりにくくなり、便が長時間滞留する為に、水分が吸収されて硬くなり、排便しづらくなる便秘です。


「直腸性便秘」の特徴としては、上記のように、水分が吸収されて硬くなった便が、直腸付近に滞留しているので、肛門を塞ぐ状態になってしまい、腸内にガスや便がどんどん溜まり、苦しい状態が続きます。腸内にガスが溜まることで、体臭が気になるようになる方もいます。また、便が非常に硬いので、排便が困難で、無理に出そうとすると痔の原因となる可能性もあります。


「直腸性便秘」は生活環境が変わったり、忙しかったりする時や、排便することを恥ずかしく思って、トイレを我慢することで起きることもありますので、解消方法としては、便意を感じたら我慢せずに、すぐにトイレに行くようにすることや、朝一杯の冷たい水など水分の摂取、食物繊維の摂取、適度な運動によって解消されることもあります。


ただし、便が硬くなっていますので便意を感じても排便できない場合は、トイレに長時間こもっていると痔になる可能性がありますので、無理せず毎日少しずつトイレに行くようにしましょう。また、下剤・浣腸などを使用すると、直腸に強い刺激を与え、便秘を一層助長する可能性もありますので、注意が必要です。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME