イメージ画像

器質性便秘について簡単に解説しています。

大腸自体に異常がない「機能性便秘」に対し、大腸やその周辺に何らかの疾患があり、大腸が正常に働かなかったり、腸が狭くなったり、大腸の形が変形してしまい、便が通りづらく、排便がスムーズにできない便秘を「器質性便秘」と言います。「症候性便秘」との違いは全身性疾患や代謝性疾患が関係しているわけではなく、あくまで大腸周辺の疾患が影響しているという点です。


「器質性便秘」の原因は、上記のように大腸の疾患によるもので、大腸の腫瘍や閉塞・炎症などが原因になったり、先天的に、大腸の長さや大きさが、通常とは異なることによって起きます。具体的にどのような疾患が影響するかというと、大腸ガン・大腸ポリープ・腸閉塞・潰瘍性大腸炎など大腸に直接関係する疾患から、後腹膜腫瘍・子宮筋腫などの病巣が大腸を圧迫する場合もあり、虫垂炎などお腹の手術後に、腸が癒着することが影響する場合もあります。


「器質性便秘」の特徴として、お腹の張りなどの通常の症状に加えて、腹痛・嘔吐・発熱・膨満感・血便・貧血・頭痛・倦怠感・食欲不振・動悸などの激しい症状を伴うこともあり、上記のような深刻な病気が潜んでいる可能性もあります。「機能性便秘」であれば生活習慣や食生活の改善、適度な運動などで改善する可能性が高いので、改善しなければ、「器質性便秘」の可能性があります。


「器質性便秘」は原因となっている病気を治療しないと治りませんので、生活習慣や食生活の改善、適度な運動などを行っても、便秘が解消しない場合は、早急に病院を受診するように心がけましょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME