イメージ画像

けいれん性便秘について簡単に解説しています。

「けいれん性便秘」とは、ストレスにより自律神経が乱れることで、大腸が緊張し、けいれんを起こして排便しづらくなる便秘です。自律神経は臓器の働きをコントロールする器官ですので、ストレス過多によって、自律神経が正常に働かなくなると、胃腸に影響が出て、腸のぜんどう運動にも異常が起きる場合があります。他にも辛いものなどの刺激物の食べ過ぎや、食物繊維の過剰摂取で起きることもあります。


「けいれん性便秘」の特徴としては、大腸のぜんどう運動が過敏になったり、ひきつったりと、けいれんすることが原因ですので、便秘と下痢を繰り返したり、コロコロの便が出たり、腸のぜんどう運動が不安定になっているので、出る便の量が少なかったり、残便感があったり、食欲が低下したり、場合によっては食事の直後に強い腹痛が起きることもあります。


解消方法としては、ストレスの原因を取り除いたり、ストレス解消したりすることが一番ですので、ストレスを感じる原因となっている可能性があるものをリストアップしたり、カウンセリングを受けるなど、できるだけストレスの原因を取り除くようにしましょう。


他にも自律神経の働きを高める為に、睡眠をしっかり取ったり、腸内環境を整える為に、乳酸菌入りのサプリメントや、オリゴ糖などを摂取すると良いでしょう。ただし、けいれん性便秘の場合、すでに腸が刺激されている状態ですので、便秘にいいからと食物繊維を過剰摂取すると、一層便秘を助長することがあるので、注意が必要です。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME