イメージ画像

常習性便秘について簡単に解説しています。

「常習性便秘」とは、その名の通り、便秘が常習化しており、慢性的に繰り返し起こる便秘のことで、腹筋が弱く、腸のぜんどう活動が鈍いため起こる「弛緩性便秘」と、ストレスが原因で腸が過敏になり、必要以上に激しく収縮するため起こる「けいれん性便秘」、便意を我慢することで、脳に送られる信号が送られなくなり、便意を感じにくくなって起こる「直腸性便秘」があります。


特徴としては、3つとも違いがあり、「弛緩性便秘」については、腸の働きが弱くなっている為、お腹が張り、苦しい状態が続いたり、残便感があったりします。「けいれん性便秘」は腸が過敏になり、必要以上に激しく収縮するため、けいれんしている部分に便が溜まり、便秘になりますが、けいれんが治まると、下痢をしたりします。「直腸性便秘」については、直腸付近に便が溜まり、カチカチになっていますので、固い便が出たり、痔の原因になることもあります。


解消方法としては、「弛緩性便秘」の場合、水分不足・繊維不足・運動不足などが原因ですので、1日3回の食事をバランス良く取り、こまめに水分を補給し、適度な運動をするようにしましょう。


「けいれん性便秘」については、ストレスが原因ですので、ストレスの原因を取り除いたり、ストレス解消したり、睡眠時間をしっかりと確保するようにしましょう。「直腸性便秘」については、便意を我慢することが原因ですので、便意があったら、忙しい時も人目を気にして我慢したりせず、すぐにトイレに行くようにしましょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME