イメージ画像

便秘解消には腹筋もなかなか効果的です。

人間なら誰でも、条件さえ揃ってしまえば、男性であろうと女性であろうと便秘になってしまいます。でも、特に便秘になりやすいのが、女性や高齢者、新生児や乳幼児などの小さな子供です。こういった人達の便通が滞ってしまう理由の一つには、腹筋の力が弱いことが大きく関係しています。


筋肉量が多い男性や、常に筋肉を鍛えているアスリートなら、腹筋の力が強いので、腸の蠕動運動が活発になってスムーズに排便を行えます。だから、便が出ないということで悩んでいる人は少ないのですね。でも、女性や高齢者、小さな子供というのは、特に鍛えていない限りは、基本的に筋肉量が少ないのです。そのため、お腹の筋肉も少なく、腸の蠕動運動が低下しやすくなってしまいます。


また、お腹の筋肉というのは、便意をもよおしていきむ時に必要です。いきむことで、便が腸から押し出されていくので、普通なら便通が悪くなることはありません。ただし、お腹の筋肉がなければ、いくらいきんでも便を押し出すことが出来なくなってしまいます。


だから、せっかく便意をもよおしても、押し出されないまま腸に残ってしまうのです。つまり、腹筋と便秘には深い繋がりがあるということです。便通をスムーズにするためには、ある程度お腹に筋肉をつけておくことも必要になるのです。


お腹の筋肉を鍛えるには、ダイレクトに腹部を鍛えられる腹筋が一番でしょう。5回でも10回ぐらいから始めて、少しずつ回数を増やしてみてください。毎日続けることで筋肉がついていって、便通をスムーズにしてくれます。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME