イメージ画像

ごぼうのスープを食べると便秘解消が期待できます。

食物繊維を多く含む代表的な食材ごぼうは、便秘解消のためにオススメする食材です。便秘になると肌が荒れたり、ニキビが増えるなど皮膚にも症状が出てくるため、特に女性の方は早めに対策する必要がありますね。


ごぼうは100gの中に食物繊維は約8gも含んでて、食物繊維が多いと言われるサツマイモでさえ100g中に約2gしか含みません。ある意味では便秘解消に役立つ食材の中では最強かも知れません。


さらにごぼうにはアルギニンと呼ばれる成分が含まれ、これは皮膚の弾力を保つ効果が期待できます。つまり便秘だけでなく美容にもある程度効果が期待できるというわけですね。そんなごぼうの食物繊維を効率良く摂る方法は、スープにすることです。


ごぼうスープの作り方
①ごぼうと大根を1本ずつ用意し、皮がついたまま水で洗い輪切りにします。大根は輪切りだと大きいので、さらに一口大にカットして下さい。

②材料をタップリの水の中に入れ、沸騰したら弱火にして2時間ほど煮込みます。鍋にアクが出てきますが、アクも適度な下剤効果がありますので、アクを取らないことがポイントです。


実はごぼうスープの作り方はこれだけ。「味付けは?」という質問ですが、あくまで便秘解消ということで味付けはあえてしてません。もちろんダシで煮込んでもけっこうですが、薄味に仕上げた方がいいでしょう。


頑固な便秘の方は、このごぼうスープを月に3回くらい食べることをおすすめします。腸の働きが活発になり、宿便もキレイに取り除けるはず。またごぼうの食物繊維は水溶性なので、スープも飲み干すとより効果的。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME