イメージ画像

梅味噌を食べると便秘解消が期待できます。

梅味噌はタイの刺身やコイの洗いのツケダレとしても知られています。日本の伝統的な食材ということで、体にも良く便秘解消にも役立ちます。


梅にはクエン酸やミネラルが多く含まれていて、梅の酸味はこのクエン酸です。梅干を食べると唾液を分泌させるだけでなく、胃液の分泌も促進されることから胃腸の働きが活発になります。「便秘には効くの?」ということですが、梅には整腸作用があるので便秘解消も期待できます。


そして一方の味噌ですが、これにも整腸作用があるんです。あまり知られてませんが味噌はなかなかの万能食材で、ビタミン類やミネラルを始め食物繊維も含んでるんです。味噌の食物繊維は腸内で腐敗した菌の有害物を排出する働きがあるので、腸を掃除してくれるんですよ。


梅味噌の作り方
けっこう大量に作るのもどうかと思うんですが、とりあえず家族分の梅味噌を作りましょう。まず梅干を40個ほど用意し、種を取り除いてすり鉢でつぶします。そこへ味噌を少しずつ加えるだけで完成です。味噌の分量は好みなんですが、先ほどの梅干に対しては1キロくらいが丁度いいでしょう。


食べ方は色々あるんですが、私のおすすめは熱々のご飯の上に乗せて食べることですね。食べる分量は1日に小さじ1杯くらいですね。ただ梅味噌にも注意点があって、梅干は塩分が高めなので、高血圧の人は少なめにした方がいいです。病院で塩分制限を設けられた人は1週間に2~3杯くらいに抑えておきましょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME