イメージ画像

ウコンの煎じ汁を飲むと便秘解消に役立ちます。

ウコンはお酒好きな方は1度は聞いたことがあるでしょう。これはショウガ科の植物なんですけど、アジアを中心に香辛料や薬として利用されてきました。ウコンには開花の時期により「春ウコン」と「秋ウコン」があり、春ウコンは薬用、秋ウコンは食用。そして便秘解消に使用するのは春ウコンとなります。


ウコンにはどのような効果があるのかというと、まず胃腸の働きを正常に戻すという効果があります。含まれる成分にシネオール、クルクミン、クルクメンなど聞いたことがないと思いますが、これらは便秘や下痢に効果を発揮するんですね。


ウコン煎じ汁の作り方
これはいたってシンプル。まずウコンを適量15~20gを水1リットルにいれ、それを弱火で30分ほど煎じます。あまり飲み過ぎるとお腹を壊してしまいますから、上記の半分を目安にする方がいいかも知れません。なるべく作ったその日の飲み切りたいので、そのへんは調整して下さい。


ウコンは便秘だけでなく、肝臓障害、高脂血症、高血圧、糖尿病など成人病の改善や予防にも効果があるので、ぜひ積極的に飲んで欲しいですね。中には生でウコンをかじる人もいるようですが、やっぱり苦味というか独特な味がありますから、お茶もしくはサプリメントで摂取するのがベストでしょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME