イメージ画像

オリゴ糖はヨーグルトにも含まれるようです。

便秘を改善するため、便秘にならないようにするためにヨーグルトを食生活に取り入れている方は多いと思います。しかし、最近よく耳にするのは、この食品の中に含まれる乳酸菌は、腸に届く前に死滅してしまうということ。「生きたまま腸まで届く」などとうたっているものもありますが、実際にどれだけの量が届いているかというのは定かではないんですね。


この食品が便通をスムーズにしてくれるのは、乳酸菌によって腸内環境が整えられるからです。でも、その乳酸菌が腸に辿り着く前に死滅してしまっては、腸内の環境を良くすることは出来ません。


それでは、この食品を食べてもなんの意味もないのか、というとそういうわけではありません。要は、この食品に含まれる乳酸菌が、生きたままの状態で、出来るだけたくさん届くようにしてあげればいいのです。


そこで活躍してくれるのが、オリゴ糖です。この成分は、乳酸菌の餌となってくれるので、一緒に摂取をすると体内でどんどん増えていきます。つまり、乳酸菌が死滅してしまう前に増やすことで、腸に届く乳酸菌も増えるということなんです。


ただし、この成分が含まれる食品というのは、ごぼうやたまねぎ、にんにくなどの野菜が多いんです。これらの食品とヨーグルトを組み合わせるのはちょっと難しいでしょう。でも、オリゴ糖は甘味料の成分に使われているので、お砂糖代わりに使うことが出来ます。ですから、ヨーグルトにこの成分が入った甘味料を使用すれば、乳酸菌を増やし、便秘を解消する効果を簡単に得ることが出来るんです。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME