イメージ画像

オリゴ糖にはこんな原料が。

オリゴ糖は、簡単に言ってしまうと、単糖類がいくつかくっついたものです。例えば、果物を食べたときに感じる甘味というのは、「果糖」と言う単糖類です。このような単糖類が10個以上結合したものは、「多糖類」と呼ばれます。つまり、単糖類と多糖類の間の糖類ということなので、オリゴ糖の原料というのにはいろんな種類があります。


まず、糖類を含んでいる食材というのが基本です。「麦芽糖」や「ショ糖」は、とうもろこしやさつまいも、大麦が原料になっています。これらの原料で出来ている「麦芽糖」や「ショ糖」は、体のエネルギーを作り出してくれます。また、原料同士の化学的変化や微生物などの力によって、ビフィズス菌を増加させる糖類に変化することもあります。


ただし、このように変化をさせなくても、原料によっては最初からビフィズス菌を増やす作用があるオリゴ糖というのもあります。こういった糖類の原料となるもので代表的なものは、大豆やサトウダイコンです。大豆やサトウダイコンに含まれる単糖類には、ビフィズス菌を増殖させるという効果があります。


ビフィズス菌は、腸の中で善玉菌を増やしてくれる効果がある乳酸菌です。つまり、大豆やサトウダイコンが主原料となっているものなら、腸内環境を整えてくれるということ。このように、原料によって得られる効果が違うので、例えば便秘を解消したいなら、その効果を持つ原料を使用しているものを選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME