イメージ画像

便秘解消には食物繊維を積極的に摂ろう!!

便秘に食物繊維の摂取が良いことは、知っている人が多いと思いますが、なぜ良いのかということを、正確に理解している人は、あまり多くありません。


食物繊維は消化・吸収されず、そのまま便と混ざるので、便のカサが増えることで、腸のぜんどう運動を活発にして、排便を促す効果や、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことで、腸内環境を整える効果があるので便秘に良いのです。特に水に溶けない不溶性食物繊維は、水分と一緒に摂ると、腸内で数倍にも膨れる為、排便を促しやすくなります。


不溶性食物繊維は、穀類・野菜・ココア・豆類・ごぼう・えびの殻・とうもろこし・玄米などに多く含まれ、大腸内を通る時に、食品添加物・農薬・発がん性物質などの有害物質を吸着して、便と排出する為、便秘だけでなく、大腸がんの予防にも、効果があると言われています。


これに対して水に溶ける水溶性食物繊維は、植物の種や葉・昆布やわかめなどの海藻類・こんにゃく・山芋・さつまいもなどに多く含まれ、水分保持能力が高いので、小腸での糖分などの吸収を遅らせる効果があり、糖尿病の予防に効果があります。また、海藻類・山芋に含まれるヌルヌルした成分が、腸内環境を整え、便秘解消に効果的と言われています。


このような理由から、便秘には食物繊維が良いということになるのですが、水分と一緒に摂取しないと効果が薄くなりますので、便秘解消の為に、食物繊維を摂取する時は、多めの水分も同時に摂るように心がけましょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME