イメージ画像

便秘解消には乳酸菌を積極的に摂ろう!!

「便秘解消には乳酸菌」と思っている人も多いと思います。この考えは正しくて、実際に便秘の解消に効果があります。その理由としては、乳酸菌が腸内で、ブドウ糖・乳糖・オリゴ糖を取り込んで、増殖することで、腸内環境が改善されるのと同時に、ブドウ糖などを取り込む際に、悪玉菌が成長しにくい環境を作る「乳酸」を大量に出すからです。この「乳酸」は、大腸のぜんどう運動を高める効果もありますので、さらに便秘の解消に効果的になるのです。


ただし、一般的なヨーグルトなどに含まれるものは、胃酸でほとんどが死んでしまいます。この為、即効性がなく、1回食べただけで便秘が改善することは、ほとんどありません。繰り返し食べることで、菌が住みやすい環境を作り、徐々に腸内環境を整えていき、便秘の解消に繋がっていくのです。


最近では「生きたまま腸に届く」と言うヨーグルトなどもありますが、食べることで取り入れた場合は、長く腸内に留まってくれないので、やはり即効性はなく、毎日食べて、少しずつ改善していく必要があります。


より効果的な方法として、食物繊維は悪玉菌が出した毒素や、腸内の老廃物を吸着する働きがあり、乳酸菌が働く環境を整えてくれますので、非常に相性が良く、両方を同時に摂取することで、便秘解消の効果がかなり高まりますので、食物繊維と一緒に摂ると良いでしょう。他にもオリゴ糖は栄養となり、増殖の手助けをしてくれますので、こちらも一緒に摂ると非常に効果的です。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME