イメージ画像

便秘を放置しておくと痔になる可能性が!?

便秘の時になりやすい症状として痔があります。便秘が長引くと、便が腸内に溜まり、水分が吸収され、硬い便になるので、それを無理に押し出すと肛門が切れてしまい、切れ痔になりますし、便を出そうと思って、トイレで強くいきむことが多くなると、肛門付近の血管がうっ血して、イボ痔になります。さらに、痔になると排便時に強い痛みを感じるので、トイレに行くことをためらうようになり、それによって便秘が悪化する、という悪循環に陥ることもあります。


便秘も痔も改善するのに大事なことは「自然な便意に従う」・「食生活の改善」・「下半身を冷やさない」・「下剤を使用しない」などの生活環境・習慣の改善です。便を我慢すると硬くなってしまい、強くいきむ必要も出ますので、痔を悪化させる原因となります。便意をもよおしたら、すぐにトイレに行くようにしましょう。また、食物繊維や水分を多めに摂ることで、便が柔らかくなりますし、腸内環境を整えてくれますので、バランス良い食事を摂るようにしましょう。


他にも下半身を冷やすと、新陳代謝が低下するので、血液の循環が悪くなり、腸の働きが弱くなりますので、下半身を冷やさないようにしましょう。下剤は便秘を解消してくれますが、薬の刺激が強すぎて、下痢を引き起こす事があります。下痢が起きると、痔の患部を刺激して炎症を起こしてしまう可能性があります。痔の改善には若干時間がかかる事もありますが、生活環境を整え、焦らずに治すようにしましょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME