イメージ画像

乳酸菌と腸には密接な関係があります。

腸というのは、栄養分を消化吸収したり、便が通過するだけの器官ではありません。血液を生成したり、免疫力を生成する器官でもあります。つまり、栄養分を摂取しているのに、病気になったり、だるさや疲れが取れない場合には、腸内環境が悪化している可能性があるのです。


乳酸菌と腸の関係と言えば、まっさきに「便秘」を思い浮かべると思います。これらの善玉菌をたくさん摂取すれば、便秘になりにくい腸内環境を作り出すことが出来るので、これは間違いではありません。しかし、乳酸菌と腸の関係はそれだけではないのです。


小腸から送られてくる便は、弱アルカリ性なので、そのまま排便すると、肛門周辺の皮膚が荒れてしまい他の病気を引き起こすことがあるのです。でも、善玉菌が腸の中で優位になると、便を中和して弱酸性にしてくれます。これは直接、排便に関係していることではないのですが、弱酸性にすることで、排便しても肛門の周りの皮膚を荒れないようにする作用があります。


それに、乳酸菌が作り出す有機酸は、大腸を動かすエネルギーとなります。エネルギーがなければ、どんな器官だって動かなくなってしまうので、この有機酸はとても重要なんです。さらに、これらの菌の種類によって、酵素などの有用物質を生成するので、小腸で分解しきれなかったものを分解して、大腸の消化吸収も助けてくれるんです。


逆に、大腸などは、余分な水分を吸収したりして、乳酸菌が住みやすい環境を作ります。住みやすい環境を整えてくれる腸と、そこに住む乳酸菌とは、持ちつ持たれつの関係ということなんですね。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME