イメージ画像

乳酸菌について簡単に説明します。

腸内環境を改善して、便秘を解消してくれる菌と言えば「乳酸菌」を思い浮かべる方も多いでしょう。この乳酸菌というのは、これ自体がひとつの「菌」というイメージがあるかもしれませんが、実はそうではないのです。


「体内の乳糖やブドウ糖を分解して、たくさんの乳酸を作り出す細菌」の総称なので、いわゆる「善玉菌」とも呼ばれています。ヨーグルトメーカーなどでも、それぞれに呼び方を変えているので混乱してしまうでしょう。つまり、「お腹に良い働きをする菌」の総称だと言うことなんです。


人間の腸の中には、100種類以上の細菌が100兆個以上存在していると言われています。いくら微粒子より小さい細菌と言っても、これだけの数が存在しているので、その重量はなんと1kg以上にもなるんです。そして、「体内の乳糖やブドウ糖を分解して、たくさんの乳酸を作り出す細菌」は、100種類以上ある細菌の中の約4割、40種類ほどになります。


この菌は胃酸に弱いと言う特徴があり、どんなにヨーグルトなどで補給しようとしても、腸につくまでには死滅してしまいます。ですが、死んだ乳酸菌は、腸まで運ばれると善玉菌のえさとなるので、けして無駄にはならないので積極的に取り入れましょう。


また、もうひとつの特徴として、人間と同じ栄養素を必要としているというものがあります。人間は、炭水化物、タンパク質、ビタミン、脂質、無機質の5大栄養素がないと生きていけません。この菌も同じで、これらの5大栄養素を要求するのです。つまり、他から栄養素を取り込まないと、繁殖したり生存することが出来ないのが乳酸菌なんです。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME