イメージ画像

乳酸菌は便秘だけに効果があるわけではありません。

乳酸菌の効果として、一番に思いつくものと言えばやはり「便秘解消効果」ではないでしょうか。排便というのは、通常1日に最低でも1回はあるもので、1回もない場合は便秘と言われています。でも、本当に便秘なのかというのは、実は便の状態によって判断するのが正しいのです。


適度な硬さで、バナナぐらいの大きさと形状の便ならば、毎日排便していなくても問題はありません。逆に、毎日排便をしているとしても、硬くて小さい便や、排便をしてもすっきりしないというのが問題なのです。便通が滞る原因はいろいろありますが、中でも腸内環境と言うのは大きく関係しています。運動で腸を刺激しても、食物繊維など便通をよくする成分を摂っても、腸内環境が悪化していると便通は滞ります。


「腸内環境の悪化」と言うのは、簡単に言ってしまうと、悪玉菌が優位になっているということです。悪玉菌は、腸内の食べ物を消化するのではなく腐敗させたり、有毒ガスを発生させたりします。


腸内に腐敗物が増えたり、有毒ガスが発生したりしたら、腸の機能は低下して正常な働きをしなくなり、便秘を引き起こすのです。悪玉菌が増えるのは、善玉菌、つまり乳酸菌の量が減ってしまっているからです。


つまり、この菌が腸内で増えて活性化されれば、悪玉菌が減少して腸内環境が正常化されます。腸内環境が整うということは、便が腸をスムーズに通過することが出来るようになるということです。乳酸菌の「腸内環境を正常化する効果」というのが、結局は便秘解消に繋がるのですね。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME