イメージ画像

乳酸菌の働きについて簡単に説明しています。

乳酸菌の働きというのは、とにかく腸に特化しています。だからこそ、乳酸菌をたくさん摂取することで便秘解消に繋がるのですが、実際にはどんな働きがあるのでしょうか。


便は腸を通って排出されるのですが、腸の状態が整っていないと、スムーズに通過することが出来ません。それに、腸の状態が悪いと、腸自体が持つ消化吸収の機能も働かなくなってしまいます。さらに、便を送り出す蠕動運動も低下してしまうので、便が腸内に留まってしまうのです。便秘を引き起こす原因はいろいろあるのですが、結局は腸の状態が悪いことが直接的な原因になっているということなんです。


乳酸菌には、このような腸内が悪化した環境を改善してくれる働きがたくさんあります。まずは、腸を整える整腸作用です。腸内には、悪玉菌と善玉菌が存在しますが、これらの総数というのは決まっています。つまり、悪玉菌の割合が多ければ腸内環境は悪化しますし、善玉菌の割合が多ければ腸内環境が整うのです。


ですから、乳酸菌が増えると、整腸作用という働きを得ることが出来るのです。腸内環境が整えば、食物の消化吸収の促進されるようになりますし、腸自体の活動が活性化されます。そして、蠕動運動も活発になるので、便が通過しやすくなり、便をスムーズに肛門まで運びます。


他にも、病原菌や腐敗菌に対しての抗菌作用や、ウィルスから腸を守る免疫作用を強化する働きもあります。つまり、乳酸菌の働きは、便秘を解消してくれるだけではなく、腸の健康も守るなど、腸全体に対して作用するんですね。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME