イメージ画像

果物の中でもリンゴは便秘解消に効くみたいです。

リンゴと言うと、あらゆる病気に効果がある果物として知られていますが、便秘を改善してくれる果物というイメージを持っている方も多いでしょう。この果物には、食物繊維がたくさん含まれているので、確かに便通を良くしてくれる効果が高くなっています。でも、この果物が排便効果が高いのは、食物繊維の中に含まれている「ペクチン」と言う成分によるところが大きいのです。


ペクチンというのは、柑橘系の果物の皮などにも豊富に含まれている成分です。ペクチンには水溶性と不溶性のものがありますが、不溶性のペクチンは、完熟前の果物に含まれます。水溶性のペクチンは、完熟した果物に含まれています。


不溶性のペクチンには、腸内の有害物質、つまり毒素や老廃物などを吸着する力があります。また、それを排出する作用が強力なので、腸内を綺麗にして正常化する効果に優れています。水溶性のペクチンは、コレステロールの吸収を抑えたり、血糖値の上昇を抑える働きもしてくれます。こういった効果があるので、ただ便秘を解消するだけではなく、便通が滞らないように腸内環境を整えてくれるのです。


さらに、リンゴ自体に水分を吸収する力があるので、果実が便の中に含まれると、便の水分量をアップさせます。この作用によって、便が柔らかくなり、腸の中を移動しやすくなるので排便がスムーズに促されるのです。リンゴは、食べるだけではなく、すり下ろせば飲み物にもなるので、摂取しやすい便秘解消食材と言えるでしょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME