イメージ画像

果物の中でもキウイは便秘解消に効くみたいです。

ニュージーランドに生息する鳥にそっくりなことから名前の付いたキウイは、日本でもメジャーなフルーツのひとつです。果物にしては珍しく、実が綺麗な緑色をしているので、ケーキやパイなどの彩りとしてもよく使われていますね。もちろん、味も甘味が強くて食べやすいので、子供から大人まで人気のあるフルーツです。


ビタミンが豊富に含まれているということ以外には、あまり健康効果に注目をされることはないキウイですが、実は便秘解消にとても効果があるのです。このフルーツには、「アクチニジン」というタンパク質分解酵素が含まれています。タンパク質と便通には共通点がない、と思っている方も多いでしょう。しかし、タンパク質の中でも、卵や肉に含まれている異種タンパク質というのがあり、これは腸内の悪玉菌のえさとなるものなんです。


つまり、異種タンパク質をしっかり分解して消化しないと、悪玉菌がどんどん増殖してしまうんですね。悪玉菌が優勢になると、腸の蠕動運動を低下させたり、腸内環境を悪化させて排便が出にくい状態にしてしまいます。ですから、悪玉菌を増殖させないことが大切なのですが、アクチニジンは、えさとなる異種タンパク質を消化して悪玉菌の増殖を防いでくれるのです。


悪玉菌が減少すれば善玉菌が増えて、善玉菌が腸内環境を正常化されます。さらに、オリゴ糖に似た糖質も含まれていて、これが善玉菌を増やす手助けをしてくれます。キウイが持つアクチニジンと糖質のW効果で、より効率よく便秘を改善することが出来るのです。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME