イメージ画像

果物の中でもイチゴは便秘解消に効くみたいです。

果物の中でも、子供から大人まで人気があるのがイチゴです。ケーキやパイなどのスィーツにも使われますし、ヨーグルトに混ぜたり、お菓子の味付けにも使われる果物です。


一番美味しい季節は12月から3月でとても甘みが強いのですが、ちょっとお値段は高くなります。一般的に市場に出回るのは4月からで、この頃は、甘みもありますが酸味も強くなって、まさに「甘酸っぱい」味になります。でも、この頃になるとお値段も手ごろになってくるので、食生活に取り入れやすい果物と言えるでしょう。


この果物は、ビタミンがたっぷり含まれているので、美容効果が高いことで知られています。しかし、意外かもしれませんが、便秘にも高い効果があるのです。と言うのも、この果物には「ペクチン」という成分が含まれているからなんです。


ペクチンは、食物繊維に含まれている成分なのですが、これには水分を吸収しやすいという特徴があります。つまり、ペクチンが他の排泄物に取りこまれて腸に送られると、腸の水分を吸収して、便を柔らかくしてくれるのです。柔らかくなった便は、腸内をスムーズに移動して排出されやすくなります。


さらに、水分によって容量がアップするので、腸が刺激されて蠕動運動が活性化されます。ですから、便が硬かったり、腸の蠕動運動が低下しているせいで便秘を引き起こしている方には、イチゴがとても効果的なんです。もしも、そのまま食べるのが苦手と言う場合には、ジャムで食べたり、牛乳とミキサーにかけてドリンクにして飲んでも、便秘を解消する効果を得ることが出来ます。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME