イメージ画像

食物繊維について詳しく説明しています。

便秘を改善する効果がある成分と言えば、食物繊維がまっさきに思い浮かぶと思います。この成分は、難しく言ってしまうと、「人間の消化酵素では消化されにくい成分の総体」です。何やら意味が分からないかもしれませんが、要は、「体内に入っても消化吸収されないで排出される成分」と考えると分かりやすいでしょう。


この成分は、ありとあらゆるものに含まれています。野菜や植物に含まれているのはセルロースやペクチン、動物に含まれているのはキチンという名称で呼ばれています。いずれにしても、直接的な栄養にはならないことから、昔は非栄養素とされていて、「カス」や「ゴミ」とされていました。その後、大腸疾患が少ない国の食生活を調べたところ、この成分の重要性というのが注目され研究が進み、必要な栄養素とされるようになったのです。


食物繊維には、水に溶ける水溶性と水に溶けにくい不溶性の2種類があります。水溶性は、こんにゃくや海藻類、いちごやりんごなどに含まれています。体内のコレステロールを吸収して排出する働きがあるので、ダイエットや肥満対策などに利用されます。


不溶性は、主に、ごぼうやさつまいも、ニンジン、大豆、玄米などに含まれています。繊維質で出来ているので、水にとけにくいという特徴があり、老廃物などと混ざり合って便を大きくするので、腸の蠕動運動を活性化します。ですから、便秘を改善するのに向いているのは不溶性の方と言えるでしょう。しかし、基本的にはどちらも便秘解消効果があるのが食物繊維という成分です。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME