イメージ画像

便秘に効く食物繊維にも注意点があります。

便秘を解消するためには、食物繊維をたくさん摂るのが良いと言われています。この成分が便通を良くしてくれるのは、腸などにある水分を吸収して便を柔らかくする効果があるので、腸の中で便が移動しやすくなるからです。ただし、いくらこの成分が便通を良くしてくれると言っても、注意点があります。それは、水分不足です。


この成分は、体内で消化吸収されないという特性を持っているので、摂取したらすべてが腸に溜まります。そして、もともと水分を吸収するという働きがあるため、腸の中の水分をどんどん吸収します。でも、水分をあまり摂取していなくて、腸の中で水分が足らなくなると硬くなってしまうのです。


便が硬くなってしまうと、腸の中でスムーズに移動出来なくなりますし、腸の運動自体が低下していって、便秘が悪化してしまいます。もし、食物繊維をたくさん摂っているのに、便がスムーズに出ないという場合には、水分不足になっているのかもしれません。ですから、この成分を摂取する時には、同時に水分をたっぷり取るようにしましょう。


また、過剰に摂取しすぎると、下痢を引き起こしてしまうことがあります。これは、その人の体質や胃腸の状態にもよるのですが、下痢をすると水分やミネラルがどんどん出ていってしまいます。しかも、下痢は通常の排便とは違うので、ほとんどの便は排出されずに腸の中に残っています。ですから、いくら便秘を解消するためと言っても、食物繊維の過剰摂取には気を付けましょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME