イメージ画像

便秘解消にはヨーグルトを食べると効果的です。

ヨーグルトと言えば、腸内の善玉菌を増やして、便秘を解消してくれる食材としてとても有名です。排便をスムーズにするには、もちろん、便自体が排出されやすい状態であることが大事です。水分が足らないせいで硬ければ、腸の中を移動していくことは出来ません。それに、適度な太さも必要となってきます。


便を、このような状態に整えてくれるのは食物繊維なので、食物繊維を摂取すると、排便しやすい便を作ることが出来ます。しかし、いくら便が排出されやすい状態になっていても、腸の働きが鈍くなっていたら、排便することは出来ないのです。ですから、便だけではなく、腸の状態を整えるということも重要になるのですね。


腸の状態を良くする、つまり腸内環境を整えるのは善玉菌です。善玉菌が優位になって活動していれば、腸内環境を悪化させる悪玉菌の活動を抑えることが出来ます。この善玉菌を繁殖させて、腸の活動を活性化させてくれるのが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌なのです。


また、乳酸菌には、悪玉菌の繁殖を抑えるという作用もあります。善玉菌を繁殖させて、悪玉菌の繁殖を抑制するというWの効果で、腸内環境を正常化してくれるんです。だから、ヨーグルトは便秘に効果があるのです。


薬ではないので、摂取量に制限はないので、とにかく便が詰りやすいという人は、こまめに食べて乳酸菌を摂取しましょう。食べる時間は、休んでいた胃腸が動き出す朝がオススメです。また、フルーツを混ぜたり、オリゴ糖など便通を良くするものを混ぜて食べると、さらに効果はアップします。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME