イメージ画像

便秘解消には芋を食べると効果的です。

芋には、じゃがいも、さつまいも、里芋などの種類があり、便秘を解消する効果が高いこんにゃくは、こんにゃく芋が原料となっています。これらの食物に共通しているのは、食物繊維が豊富に含まれているということです。だから、この食物には排便をスムーズにしてくれる効果があるのです。


食物繊維というのは、水溶性と不溶性の2種類があり、それぞれが持っている効果は違います。この食物に含まれているのは、水溶性食物繊維で水に溶けやすいという特徴を持っています。水溶性食物繊維は、糖質の吸収を穏やかにするという効果があるので、血糖値が急激に上がるのを防ぐ効果を持っています。


また、胃の中で膨張して満腹感を与えるという効果があります。これは、水分を吸収しやすいという特性があるからなのですが、この特性は腸にも作用します。


水溶性食物繊維が腸に届くと、便に取り込まれて、便に水分をたっぷり吸収させて柔らかくします。便が柔らかくなれば、肛門までの移動がスムーズになりますし、いきまなくても排便しやすくなります。また、水分によって嵩増しされた便は重くなるので、その重みで腸が刺激されて蠕動運動が活発になります。


さらに、この食物繊維には発酵性があるので、腸内の善玉菌を増やす働きも持っています。この働きで善玉菌が増えれば、腸内環境が整えられて、腸の排便活動が正常に行われるようになるんです。芋は、普段の料理のレパートリーも広く、しかもお値段もお手頃なので、毎日の食生活に取り入れやすい便秘解消の食物と言えるでしょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME