イメージ画像

便秘解消にはハチミツを食べると効果的です。

美容効果がよく知られているハチミツは、ミツバチが花の蜜と花粉に、体の分泌物を併せて作られる天然の甘味料です。この甘味料は、ただ単に甘いというだけではなく、花のもつビタミンやミネラルがとてもたくさん含まれています。栄養価が高いため、今では健康食品などにも用いられていますが、昔は病気を治す治療薬として使われていたこともある食品ですが、便秘にも効果があります。


この甘味料に含まれているビタミンの中に、グルコ酸という成分があります。実は、このグルコ酸と言うのは、オリゴ糖とよく似た働きをする成分なんです。オリゴ糖と言えば、排便効果があることで有名な成分で、腸内の善玉菌の中のビフィズス菌を増やしてくれる働きを持っています。


腸内には、善玉菌と悪玉菌が住んでいますが、この割合によって腸内環境が決まります。悪玉菌が増えると、腸内に残った便を腐敗させて有毒ガスを発生させたり、毒素を排出して腸内環境が悪化します。これらの有毒ガスや毒素は、腸の働きを低下させるので、必然的に便が溜まりやすくなります。また、有毒ガスや毒素が発生すると、それが血流にのって全身に回るので病気を引き起こします。


逆に、善玉菌が増えると、悪玉菌の働きを抑えることが出来ます。そうなると、腸の働きが正常化されるので、排便を促進されます。ビフィズス菌はオリゴ糖などによって増殖するのですが、これと同じ働きをするのがグルコ酸です。だから、このグルコ酸をたっぷり含んだハチミツは、便秘を解消したり予防したりする効果があるのです。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME