イメージ画像

便秘解消にはゴボウを食べると効果的です。

食物繊維をたっぷり含んだゴボウは、便秘を解消する効果があることでよく知られている根野菜です。この根野菜が便通を良くしてくれるのは、もちろん食物繊維のおかげなのですが、他の食物に含まれる食物繊維とは少し違った特徴を持っています。食物繊維には、水に溶けやすいものと溶けにくいものの2種類があります。


食物繊維を含んでいるとされる食物には、普通はこのどちらか1つの種類しか含まれていません。もちろん1種類でも便通を良くしてくれる効果はあるのですが、両方を含んでいるとなると、その効果は倍増します。そして、この根野菜にはその両方が含まれているのです。


水に溶けやすい性質を持っている食物繊維はイヌリンというもので、腸内の乳酸菌を増殖させるという効果を持っています。乳酸菌と言うのは、腸の働きを活性化したり、腸内の環境を正常に保つ働きをする菌です。だから、この菌が増殖することで便の通りを良くして、排便しやすくすることが出来ます。


また、水に溶けにくい性質を持つ食物繊維はセルロースなどですが、これは水分をたくさん吸収する作用があります。つまり、硬くなってしまった便でも柔らかくすることが出来るので、排出しやすいようにしてくれるのです。


さらに、水分をたくさん吸収した便というのは重くなり、その重さによって腸が刺激されます。刺激された腸は活発に動き始めるので、便もどんどんスムーズに腸内を移動することが出来るから、すんなり排出されていきます。ゴボウの食物繊維には、このどちらの作用もあるので、他の食物よりも便秘の解消効果が高いのです。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME