イメージ画像

牛乳を飲むと便秘解消に良いらしいです。

よく、牛乳を飲むとお腹が下ってしまうという方がいますが、この飲み物は、それぐらい排便効果が高いということです。どうして排便効果が高いのかというと、この飲み物には乳糖やオリゴ糖が含まれているからです。


乳糖やオリゴ糖というのは、腸内の善玉菌を活性化してくれます。そして、この善玉菌は酢酸や乳酸を作り出すのですが、これらの成分は適度に腸を刺激します。刺激を受けた腸は、排便活動のひとつである蠕動運動を活発にし始めるので、便通が良くなるのですね。


この牛乳のせいでお腹がゆるくなる人というのは、乳糖を消化する酵素が足りない「乳糖不耐症」なのです。そのため、摂取した乳糖の働きの影響が大きくなってしまうために、お腹が下ってしまうのですね。ただし、下痢をしている状態というのは、正常に排便をされていることにはならないので、腸の中には便が溜まっています。ですから、乳糖不耐症の方の場合は、牛乳を温めてから飲むようにするのが、便通改善のポイントになります。


この飲み物の便通改善効果は、どんなタイミングで飲んでも得ることが出来ます。しかし、やはり一番効果的な飲み方のタイミングは、起きたらすぐに、冷たい状態でコップ1杯飲むことです。起き抜けの胃袋と言うのは空っぽなので、そこに冷たい飲み物が入っていくと、ダイレクトに腸まで届きます。


この冷たさで腸が刺激を受けて、排便活動を活発にし始めます。まだ胃袋には何も入っていないので、腸に送られるものがないから、腸は中にある便を押し出す活動を行います。ですから、牛乳で便秘解消をするなら、朝一番の飲むのが、さらに効果をアップさせるコツです。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME