イメージ画像

ココアを飲むと便秘解消に良いらしいです。

以前は、子供のための飲み物と言うイメージが強かったココアですが、最近ではこの飲み物が持つ健康効果に注目が高まっています。中でも、一番効果を実感しやすいのが、便秘解消効果です。この飲み物には食物繊維が含まれているのですが、これに含まれているのはリグニンという食物繊維です。


リグニンは、消化酵素で分解をすることが出来ず、また胃液などに溶けることもないので、まっすぐに腸まで届きます。そうすると、食物繊維の働きが、排便を促進してくれるのです。


リグニンというのは、ポリフェノールが集まって出来ている成分です。ポリフェノールと言えば、抗酸化作用が高いことで有名ですが、これが集まってリグニンになると腸内の善玉菌を増やすという効果があります。腸内の善玉菌が増えると、その分悪玉菌の割合が減っていきます。


腸の運動を低下させる悪玉菌が減って、腸の活動を活性化する善玉菌が増えれば、当然ですが排便効果がアップします。つまり、リグニンのもつ食物繊維の働きと、善玉菌を増やす働きによって、効率良く便秘が解消されるということです。


でも、いたずらに飲みすぎるのは危険です。もちろん、普通の飲み物なので副作用などはありませんが、市販されているものには糖分や乳脂肪分が多く含まれています。これは、ココアを飲みやすくするためなのですが、それだけカロリーが高くなってしまっているのです。ですから、飲みすぎると太ってしまう可能性もあるので、便秘を改善するためだとしても、1日1杯から2杯程度にしておきましょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME