イメージ画像

妊婦の便秘について詳しく解説しています。

妊娠すると便秘になる、というのはよく耳にする話ですね。妊娠をして便通が悪くなるというのは、普通の便秘の原因とは違うことが原因となっています。妊婦が便秘しやすくなる理由のひとつは、ホルモンの影響によるものです。妊娠をすると、プロゲステロンという黄体ホルモンが大量に分泌され始めます。


このホルモンは、女性が流産をしないために分泌されるのですが、これが子宮筋の収縮を抑制します。すると、その影響が腸の蠕動運動にまで及んで、便通が悪くなってしまうのです。それに、体内に黄体ホルモンの量が増えると、便の水分が大腸の腸壁に吸収されやすくなります。水分が吸収されることで、便の水分が足らなくなって硬くなり、その結果、便が腸の中を通り抜けることが出来なくなるのです。


また、妊娠の中期や後期に入ると、子宮がかなり大きくなってくるので、それが腸を圧迫し始めます。腸が圧迫されれば、やはり蠕動運動の働きが弱くなるため、便を押し出す力が低下してしまいます。妊娠の中期や後期には、黄体ホルモンの分泌も少しずつ正常化されていくのですが、今度は直接的な理由で腸の蠕動運動が低下するんですね。そのため、腸の中に便が留まる時間が長くなって、便通が悪くなってしまうのです。


どんな理由があるにしろ、赤ちゃんはお母さんの体から栄養を吸収しています。ですから、老廃物などはきちんと排出して、お腹に悪性のガスがたまらないようにすることはとても大切です。便通が悪いと感じたら、すぐに産婦人科医に相談してみましょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME