イメージ画像

高齢者の便秘について詳しく解説しています。

人間が年を重ねていくと、体内の機能はどんどん低下していくのが当たり前です。「高齢」と呼ばれる年齢になれば、よっぽど自分で健康管理していないと、体の機能は働かなくなって、あらゆる疾病を引き起こします。その中でも多いのが、「弛緩性便秘」と言われる高齢者の便秘です。


年齢が高くなればなるほど、大腸の運動機能は低下していきます。大腸の運動機能が低下してしまうと、腸がたるんだ状態になってしまうので、その中にある便はなかなか移動をすることが出来ません。すると、便が長時間腸の中に留まる状態になるので、便の水分は腸に吸収されていきます。硬くなった便は、さらに腸の中に留まりやすくなってしまうので、それが便通を悪くしてしまうのですね。


それに、高齢になると筋力もどんどん衰えてきます。排便をする時には、人によって差はあるものの、いきまなくてはいけません。この、「いきむ」時に腹筋が使われるのですが、筋力が衰えてしまうと上手くいきめなくなってしまうのです。


高齢者は、直腸が太いという特徴があるのですが、便が太ければ太いほど、いきむ力は必要になります。それなのに、筋力が弱いために、余計に便通が滞ってしまうのです。


また、高齢になってくると、あらゆる病気を抱えてしまって、いろんな薬を飲んでいるという方も少なくないでしょう。もしかしたら、そういった薬の副作用で便通が滞っている可能性もあります。ですから、いきむ力もあって、食生活も乱れていないのに便通が悪い場合には、かかりつけの医師に相談してみるのもいいでしょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME