イメージ画像

赤ちゃんの便秘について詳しく解説しています。

ぽこんと膨らんだ赤ちゃんのお腹はとても可愛らしいものですが、これは実は腹筋が付いていないということです。大人でもそうですが、腹筋が付いていれば引き締まったお腹になりますが、付いていないとポヨンと垂れ下がっていますよね。新生児や乳幼児と言うのは、とにかく腹筋が弱いということです。


赤ちゃんと便秘というとなんとなくピンと来ないかもしれませんが、新生児でも乳幼児でも、大人と同じで毎日排便するのが当たり前です。1日でも排便をしなければ、便秘になっている可能性が高いのです。新生児や乳幼児で便通が滞る原因というのは、ほとんどが水分不足が関係しています。


1日の大半を寝ている状態で過ごす新生児や乳幼児が排便するには、便が緩くなくてはいけません。と言うのも、とにかく腹筋が弱いので、いきむことが出来ないからです。「母乳やミルク、お水しか飲まないのだから、水分不足になる訳がない」と思ってしまっている方もいるでしょう。


でも、新生児や乳幼児は、本当にたくさんのおしっこをします。どれだけ水分をあげても、おしっこでどんどん出ていってしまうので、水分が不足してしまうこともあるんです。そして、その水分不足と腹筋の弱さが原因で、排便が上手く出来なかったりするんですね。


また、離乳食に切り替え始めると、胃腸の状態によっては消化吸収が上手くいかないこともあります。そういうときは、便通をサポートする食物繊維などを意識的に多く取り入れた離乳食を与えてあげるといいでしょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME