イメージ画像

便秘の原因には運動不足も考えられます。

便秘が女性に多い理由の一つに運動不足があります。運動不足により腹筋が弱くなり、便を押し出す力が弱くなるので、便が出にくくなったり、腹筋が弱くなることで大腸が緩んでしまい、ぜんどう運動が弱くなるので、便秘になりやすくなります。そもそも、女性は男性に比べて腹筋が弱いにも関わらず、運動不足にもなりがちなので、男性と比べて便秘になりやすいということになります。


では、腹筋をすれば良いのかというと、いきなり腹筋のような激しい筋トレをすると、腰などを痛める可能性もありますし、心臓へ負担がかかることもありますので、無理せず、ウォーキングや水泳などの全身運動から始めましょう。これによって、体全体の筋力アップができ、新陳代謝を高められますし、内臓や自律神経の働きも高めてくれます。自律神経は大腸の働きにも影響していますので、自律神経の働きが高まることによって、便秘解消にも効果があります。


また、無理なく適度な運動をすることによって、すぐに挫折することなく、毎日続けられますし、便秘解消だけでなく、肥満防止やストレス解消にもなりますので、自分に合った毎日続けられる運動を行うようにしましょう。


特に慢性便秘の解消には、食事などによる内側からの改善と、筋力を保つ外側からの改善が有効です。すぐに効果は出ないかもしれませんが、焦らずじっくり続けることで、効果は出てきますし、慢性便秘に悩まなくても良くなりますので、気長に取り組むようにしましょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME