イメージ画像

便秘の原因は朝食を抜いているからかも。

朝食を食べないという方は結構いると思いますが、朝食を抜くと便秘になりやすくなります。これは、朝食を食べることで大腸を刺激し、ぜんどう運動を促す為ですが、それ以外にも、そもそも人間の体は起床して朝食を摂り、排便するというリズムがあり、朝食を抜くことでリズムが崩れ、便意が起こらなくなり、排便しなくなるということもあります。


また、長期間朝食を摂らないと、自律神経の活動にも影響してくる為、自律神経が正常に働かなくなり、腸のぜんどう運動が不規則になることもあります。他にも、朝食を摂らないことで、朝便意をもよおさなくなる代わりに、日中に便意をもよおし、通勤中や仕事中でトイレに行けず、我慢してしまうことで、腸内に便が溜まり、硬くなって、便秘になることもあります。


朝食を食べると、すぐに便意をもよおす人もいると思いますが、「食べてすぐに出るわけがないし」と考える方がほとんどでしょう。確かに、食べた物がすぐに便として出てくることはありませんが、朝食を食べる目的としては、大腸に刺激を与え、スムーズに排便することにあります。毎日、朝排便することで、排便のリズムも整いますので、「いつ便意が来るか分からない」という不安も解消されます。


このように朝食を摂ることは毎日の生活環境に影響し、便秘になりにくい環境を作る要因になりますので、できる限り朝食は摂るようにしましょう。朝は食欲がないという人や、食べると胃が重くなるという人は、カモミール・ミント・フェンネルなどのハーブティを飲むだけでも、大腸のぜんどう運動が活発になります。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME