イメージ画像

便秘の原因には食事不足も考えられます。

食事の量が少なくても便秘の原因となります。これは、そもそも食事量が不足していれば、便の量も少なくなり、腸のぜんどう運動が起きにくくなるので、便が腸内に少しずつ溜まっていく為です。


溜まった便は水分を吸収され、硬くなりますので、その後の食事で、ある程度の量の便が溜まっても、出にくくなってしまいます。その他にも食べ物に多く含まれている水分が摂取できずに、便が硬くなりやすくなってしまったり、食物繊維の量が減ってしまう為、排便しづらくなったりもします。


特に便秘が女性に多い原因の一つがここにあります。ダイエットをすることで、食事不足になり、便秘になりやすくなるほかに、人によってはダイエット中に、食べたものを出す為に下剤を使う人がいます。


下剤は常用性があるので、頻繁に利用すると体に耐性ができてしまい、腸の自然なぜんどう運動が起こらなくなり、さらに下剤の量を増やす、ということの繰り返しとなり、最終的には下剤なしでは排便できない状況になることもあります。こうなってしまうと、普段の生活にも支障が出ますし、改善するまでに数ヶ月から数年かかることもあります。


このように食事不足は便秘に繋がりやすい状況ですので、ダイエットの際には、下剤を使わず、また、1食抜いたりするのではなく、1日3食できるだけ決まった時間に、決まった量をバランスよく摂るようにしましょう。特に朝食は、胃や腸などの消化器系を刺激し、ぜんどう運動が活発になり、便意をもよおしやすくなりますので、必ず摂るようにしましょう。

このページの先頭へ

くりっく365会社一覧 HOME